トップ > 連載・コラム > 情報通信ビジネス最前線 > IPTVサービスの動向 > 2.世界のIPTVサービス

pre next up

2.世界のIPTVサービス

(1)欧州と香港
 IPTVとして最も早くから商用サービスとして始まっているのが、オープン網(いわゆるインターネット)におけるVODであり、「Yahoo!動画」や「YouTube」等の他、コンテンツ事業者が自ら配信するものも多い。しかし、IPTVサービスとして注目されるようになったのは、ADSLテレビの普及が香港や欧州で急進したことが大きな要因と言える。ADSLテレビは、閉域網における同時再送信サービスが主で、端末も事業者が配布するSTBである場合がほとんどである。

 最初のADSLテレビとしては、英国のKingston Interactive社が同時再送信やVOD等を行う「Kingston Interactive TV(KIT)」を北部のHull市で1999年に提供し始めたのが最初とされている。その後、イタリアの「FastWeb」、フランスの「FreeBox」等が相次いでサービスを始め、特に、フランスでは大手通信事業者であるFrance Telecom、さらに、Iliad、Neuf Cegetelもサービスを展開しており、ADSLテレビ大国の様相を見せている。他に、ドイツ、ベルギー、スペイン、オランダでもサービスが提供されている。KITについては、経営不振で2006年4月にサービス停止してしまったものの、同年後半にはBritish Telecomがサービスを開始している他、BBCは放送事業者として自ら「iPlayer」というオープン網上でのVODサービスを2007年7月に開始しており、一週間分の全番組のキャッチアップ視聴が可能となっている。

 一方、香港ではPacific Century Cyber Works(PCCW)が2003年から「now TV」を提供しており、加入者数80万以上(2007年6月)と世界最大を謳っている。高画質なHDTV(720P)サービスもスタートしているほか、MediaFLO端末によるモバイルテレビの実験にも取り組んでいる。

(2)米国
 米国では、Verizonが「FiOS TV」をFTTHにて提供中で2007年6月末に52万加入となっている。AT&Tは2007年までに全米13州にて「U-Verse TV」のサービスを提供し、2007年8月で10万加入を突破したとしている。AT&Tのサービスには放送の再送信も含まれており、伝送路は「FTTN(Fiber To The Node)+既存のメタリック回線(VDSL/ADSL2+)」で、バンドルサービスとしての位置づけとなっている。大手通信事業者以外でも、「InfiniteChoice Television」(MstarMetro)、「Fision」(Optical Entertainment Network)等のサービスが提供されており、FTTHによるHDTV(地上デジタル放送)配信等も行われている。また、最近では、「Joost」と呼ばれるP2Pを使ったIPTVサービスが注目を集めており、すでに、ワーナーやViacom等の大手コンテンツ事業者との提携により魅力的な番組をVODにて提供しており、FOXネットワーク等の提携も進められている。

(3)韓国、中国
 韓国では、ポータルサイトのDaumCommunication等による「Daumコンソーシアム」と、KT等の通信事業者で構成されている「C-Cubeコンソーシアム」とで2006年11月からIPTVサービスの試験が開始された。しかし、通信・放送に関する規制当局の議論があり、2007年に関連法案が国会に提出されたものの審議が長引き、これを待ち切れずに、KTは2007年8月からロシアでIPTVサービス「Mega TV」を開始するといったハプニングがあった。なお、法案は「インターネットマルチメディア放送事業法案(IPTV法)」として2007年12月末に国会を通過し、現在、Hanaro Telecomによる「Hana TV」、KTの「Mega TV」、LG DACOMの「My LG TV」の3つがサービスされているほか、DaumCommunicationの「オープンTV」の参入も発表されている。

 中国では、上海文広新聞伝媒集団(SMG)、央視国際、南方広電伝媒、中国国際広播電台(CRI)の4社にIPTV事業免許が出されており、黒竜江省ハルピン、上海市内等において2005年からサービスが始まった。2006年12月に吉林省・長春市、いずれもSMGで合計20万ユーザー程度という報告がある。しかし、2007年末に信息産業部と広播電影電視総局によって「インターネット動画配信サービス管理規定」が発表され、規制が大幅に強化された。この規定は2008年1月末から施行され、IPTV等の動画配信事業者は「インターネット動画配信サービス許可証」を得なければならないが、これは、法人の資格を持つ国有の非合弁企業か、株式の過半数を国家または国家機関が保有する株式会社でなければならない。

              図表2 海外の主なIPTVサービスのURL

地域・国

サービス名

URL

欧州

フランス

Free

http://portail.free.fr/

イタリア

FastWeb

http://www.fastweb.it/portale/

イギリス

BT Vision

http://www.btvision.bt.com/

イギリス

iPlayer

http://www.bbc.co.uk/iplayer/

アジア

香港

now TV

http://www.nowbroadbandtv.com/

韓国

Hana TV

http://www.hanatv.co.kr/

韓国

MegaTV

http://mymegatv.com/

北米

アメリカ

FiOS TV

http://www22.verizon.com/Content/FiOSTV/

アメリカ

U-verse TV

https://uverse1.att.com/un/launchAMSS.do

アメリカ

joost

http://www.joost.com/

pre next up