トップ > NICTのイベント > 平成23年度 > マッチングイベント > 募集案内

NICTユニバーサルコミュニケーション研究所見学ツアー 〜 募集案内


独立行政法人情報通信研究機構(NICT)では、ユニバーサルコミュニケーション研究所の見学ツアーを開催します。

アイコン日時

12月1日(木) 13:00~16:00
申込〆切

アイコン主催

独立行政法人情報通信研究機構

アイコンプログラム

◎13:00 現地集合(ユニバーサルコミュニケーション研究所玄関)

1-1)情報分析システム「WISDOM」

Web上にある情報を様々な観点から分析することによって、ユーザーが情報を多角的に捉えながら情報の信頼性を判断することを支援する技術を紹介します。  通常の検索エンジンでは1つ1つの検索結果をクリックしてページの内容を確認しなければなりません が、WISDOMは「誰が」「どのような内容を」「どのような外観を持つページで」情報を発信しているのか分析することによって、ユーザーに多角的な情報 を提供します。

1-2)音声質問応答システム「一休」

Web6億ページ分の情報をもとにスマートフォンによる音声での質問に答える技術を紹介します。Web情報に直接書かれていない答えも推論、推測できる特徴があり、かつ、効率的な分析処理によりサーバー1台で6億ページから答えを発見することができます。

2)多言語翻訳技術

旅行会話の分野で21の言語からなる対話コーパスを構築し、全ての言語の組み合わせ420の翻訳システムを構築した技術を紹介します。

3)スマートフォンを用いた音声・テキスト翻訳「VoiceTra、TexTra」(日英)

しゃべった内容、テキストの内容を外国語に翻訳するiPhoneアプリを紹介します。旅行会話を対象として、21言語に対応しています。

4)知識・言語グリッド

音声・言語処理の基盤となる言語グリッドについて紹介します。

5)200インチ眼鏡なし超多眼3次元映像表示装置

200インチのフラット型ディスプレイで、特殊な眼鏡を必要としない超多視点の裸眼立体映像技術を紹介します。

6)多人数で観察できるテーブル型裸眼立体ディスプレイ「fVisiOn」

テーブルトップ型の立体ディスプレイで、特殊な眼鏡を必要としない超多視点の裸眼立体映像技術を紹介します。

7)バーチャルに五感で体験できる「多感覚インタラクションシステム」

人の動作に合わせて、立体の映像、音響、感触、香り等を自然かつリアルに提示する多感覚インタラクション技術を紹介します。 医療支援や遠隔体験・教育・訓練等、人々の生活をより安心かつ豊かにする多感覚技術のシステム応用の実現に向けた要素技術の開発を進めています。

◎16:00 現地解散

アイコン定員

15名程度。定員になり次第に受付を終了します。

アイコン参加要項

  • 対象
    情報通信分野のベンチャー企業の方、創業を目指している方、情報通信技術を活用してのビジネス展開を目指すベンチャー企業の方、及び、情報通信分野のベンチャー企業と係わりのある業務を行っている方。

アイコン参加費用

無料

アイコン会場

ユニバーサルコミュニケーション研究所
〒619-0289 京都府相楽郡精華町光台3丁目5番地
TEL:0774-98-6300

アイコンお問い合せ先

情報通信ベンチャー支援センター事務局
お問合せは こちら  のフォームからお願いいたします。