トップ > NICTのイベント > 平成25年度 > その他 > 展示会出展 > 活動報告

CEATEC JAPAN 2013 〜 活動報告

日時 2013年10月1日(火)~4日(金)
場所 幕張メッセ

アイコン概要

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)では、情報通信技術(ICT)を利活用した事業アイデアの事業化・事業拡大等を目指す地域発ベンチャー企業を支援する一環として展示会出展機会を提供しています。
2013年10月1日(火)~4日(金)、幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN2013」のNICTブースに出展したベンチャー企業の展示活動状況を報告します。
 

   

 株式会社アクロスソリューションズ

■展示内容
小口取引専用のMOS(Mobile Ordering System:モバイル受発注システム)を展示しました。

MOSは、FAX・電話発注の代わりに、スマートフォンやiPadなどから発注ができる小口取引専用のモバイルWeb受発注システムで、「より早く」「より簡単に」発注できる特徴を備えています。

MOSは、酒類、美容品類、医薬品類など業種を問わず様々な業種の方にご利用いただけます。
 
EDI、EOSでは投資対効果が不安、FAXや電話の受注業務は効率が悪いとお考えの企業様に最適です。

MOSはショッピングサイトのように、ひとつのURLに複数人がアクセスしてお買いものをする形式ではありません。管理画面で発注者を登録して初めて、取引先(発注者)が発注できる完全なBtoBWeb受発注システムですので取引先を限定して取引を開始することができます。

■企業情報
 <社名> : 株式会社アクロスソリューションズ
 <代表者>: 野村 充史 代表取締役
 <URL>:http://www.acrossjapan.co.jp/

 

224x204px アクロスソリューションズ展示ブース

207x172px アクロスソリューションズ説明風景

  

  

   

 有限会社アグリフューチャー

■展示内容

アグリフュ―チャーは、農業振興に資する、ITシステムのあるべき姿を、「地域」の視点で研究・開発・インプリメントを行っております。

小規模農地をITで仮想化し大規模農業に匹敵する効率化に加え、新農業スタイルをめざす「VLSA(Virtualized Large-scale Agriculture)」を形成するシステムの開発と実証実験を進め、仮想化大規模農業の推進を行っています。

T-SAL(Tohoku Smart Agriculture Lab.)農園のしくみ
<特長>
●専用SNSを通じて、いつでもご自身の利用区画の様子を確認できます。
●専用SNSを通じて、利用者同士の交流ができます。(非公開も設定可能)
●日々の管理を利用者自身で行うことも、必要に応じてすべてをプロの農家に任せることも可能です。
●収穫した農作物は、管理者農家の名前で市場出荷、直売店への出荷、提携販売サイトへ出品も可能です。

■企業情報
 <社名> : 有限会社アグリフューチャー
 <代表者>:女川 源 代表取締役
 <URL> :http://www.t-sal.net/

 

210x237px アグリフューチャー 展示ブース

212x172px アグリフューチャー説明風景

     

 株式会社シュアール

■展示内容
株式会社シュアールは、米経済誌Forbesが選ぶ30歳以下の世界の30人に日本から唯一選ばれた注目度の高いソーシャルベンチャーです。

世界初の手話キーボード搭載型オンライン手話辞典やビデオチャットを利用した遠隔手話通訳など、聴覚障がい者の問題をITによって解決する画期的なサービスを展示しました。

●SLinto Dictionary(スリント辞書)
オンラインの手話辞典で、手話表現から意味を調べられることがスリント手話辞典の大きな特徴です。

●遠隔手話通訳(モバイルサイン)
ビデオチャットを利用した手話通訳で、利用者(聴覚障がい者)の依頼に応じて、本社に待機している手話通訳者が、 パソコンやタブレットPC、スマートフォンの画面とスピーカーを通して遠隔で手話通訳を行います。 必要と感じたときに、短時間でも気軽に手話通訳を利用できる点が大きな特徴です。

■企業情報
 <社名> : 株式会社ShuR
 <代表者>: 大木 洵人 代表取締役
 <URL>:http://shur.jp

 

202x178px シュアール 展示ブース

200x174px シュアール 説明風景

     

 株式会社GClue

■展示内容
オープンソースハードウェアとして開発したiOS連携ハードウェアをプラットフォームの軸とし、その作品集をオープンソースおよびオープンソースハードウェアとして公開し、展示しました。

ターゲットは、iOS連携玩具とし、Open Source Omocha(oSo)としてiPhoneと連携可能なDIY玩具市場の開拓を目指しています。

iOS連携ハードプラットフォーム「FaBo」とは、iOS と連携するハードウェア開発のプロトタイピングを高速化することを目的としたハードウェアです。

Bluetooth Low Energyに対応したハードウェアを高速開発するためのプラットフォームとして設計されており、iOS 連携ハードウェアの開発期間が劇的に短縮され、個人でもiOS 連携ハードの開発が実現出来ます。

「FaBo」には、コントローラーやモジュール、コネクター等が準備されていて、スイッチやLED等のパーツはBrickとして用意されています。

■企業情報
 <社名> : 株式会社GClue
 <代表者>: 佐々木 陽 代表取締役
 <URL>:http://www.gclue.com

 

203x196px GClue展示ブース

190x239px GClue説明風景

     

 ソフネットジャパン株式会社

■展示内容

ソフネットジャパン株式会社は、ソフトウェアとネットワークの融合を事業ポリシーとし、常に業界に先駆けて付加価値の高いネットワークビジネスを全国に展開しています。
現在はソフトウェアとネットワークの融合、そしてクラウドの高みへと、時空を超えたさらなるシナジー効果の高いサービスの開発・提供を行っています。

デジタルサイネージ「CYBER signage(サイバーサイネージ)」を展示しました。

CYBER signage(サイバーサイネージ)は、完全クラウド型のプロレベル本格デジタルサイネージシステムで、高品質コンテンツを簡単・低価格で配信できます。

●デジタルサイネージなら

①設置場所や時間帯によって変わるターゲットにも対応できます。
②適切なコンテンツをタイムリーに発信することが出来ます。

●いつでもどこでもどなたでも

お手持ちのパソコンとディスプレイ、ごく普通のインターネット環境だけで始められます!
出張先でもレンタルパソコンからでも、運用管理には場所も時間も機器さえも問いません!

■企業情報
 <社名> : ソフネットジャパン株式会社
 <代表者>: 小田 基治 代表取締役
 <URL>:http://www.sofnetjapan.com

 

195x216px ソフネットジャパン 展示ブース

198x205px ソフネットジャパン 説明風景