トップ > NICTのイベント > 平成24年度 > ENTRY > 野島記念Business Aw... > 開催報告

野島記念Business Award2012(決勝) 〜 開催報告

開催報告 開催報告 開催報告
日時 12月9日(日)
13:00~17:20
場所 中央大学多摩キャンパス Cスクエア 中ホール

アイコン概要

中央大学・多摩キャンパスCスクエア中ホールにて野島記念Business Award2012 (決勝)を開催いたしました。(独)情報通信研究機構ICTメンタープラットフォーム  メンターの勝屋久氏、伊藤健吾氏(MOVIDA JAPAN 株式会社  Chief Accelerator)を審査員として迎え、2次予選を勝ち抜いた6チームが、決勝の舞台でプレゼンテーションを行いました。

DSCF1665s

 

DSCF1668s

審査員として参加した伊藤健吾氏(左から1番目)、勝屋久氏(左から2番目)

 

緊張の面持ちで結果発表を待つ参加チームの皆さん。

DSCF1680s

参加者全員での記念撮影。

NICT賞審査の結果、以下のチームを中央大学の代表として、起業家甲子園へ推薦することを決定しました。

DSCF1687s

NICT賞を受賞したチーム「今年の秋こそストイックに生きるってきめたから」と勝屋久氏(左)、伊藤健吾氏(右から3番目)、佐藤事業化支援室長(右から2番目)との記念撮影。

  • チーム名:今年の秋こそストイックに生きるってきめたから
    プラン名:「ゼロ額食」

    【プラン概要】学食の食券を使用した広告事業。食券の裏面に印刷されたQRコードより広告画面にアクセス、企業広告を見た後におみくじ抽選が行われ、無料食券が発行される。

なお、同プランは野島記念BUSINESS AWARD 2012のコンテスト自体でも優勝し、NICT賞とのダブル受賞になりました。

アイコン 参加者の声

  • 審査員(ICTメンタープラットフォーム メンター)のコメントが非常に的確で厳しくもあったが勉強になった。
  • 学生時代は多いにチャレンジし、何度も失敗し、自分を磨いて欲しい。