トップ > NICTのイベント > 平成23年度 > 地域連携イベント > いしかわITビジネス塾(開催地... > 開催報告

いしかわITビジネス塾 「よりイマーシブで感覚的なインターフェースへ」及び「リッチな情報体験の提供と新たな顧客接点の構築」 〜 開催報告

日時 12月9日(金)
15:15~17:00
場所 石川県地場産業振興センター内

アイコン概要

 今回は、(株)スプリューム 代表取締役 梶塚氏、ナレッジワークス(株) 代表取締役 所司氏をお招きし、それぞれ「よりイマーシブで感覚的なインターフェースへ」、「リッチな情報体験の提供と新たな顧客接点の構築」というテーマで講演いただきました。

■講義内容
 スプリューム 梶塚氏の講義「よりイマーシブで感覚的なインターフェースへ」では、下記のような話題でご講演頂きました。
(1)コンピュータグラフィックス
 ・私が携わってきたC.G.I.作品
 ・C.G.I.コミュニケーションの歴史
 ・コネクタブル・リアリティ プロジェクト
(2)仮想空間プラットフォーム
 ・SPLUME.JP:ブラウザベースな仮想空間共有プラットフォーム
 ・『オープンエンドな仮想世界』
 ・『空間リンク』
 ・空間共有サイト=CGツールで作った仮想空間が共有できる「空間共有サイト」 など

 ナレッジワークス 所司氏の講義「リッチな情報体験の提供と新たな顧客接点の構築」では、下記のような話題でご講演頂きました。
(1)ビジネススタイル
 ・ビジネススタイル
 ・重視しているスキル
 ・市場ニーズへの対応
(2)各種の検索事例
 ・感性検索
 ・こだわり検索
 ・特集コンテンツ生成
 ・情報クローリング&分類
(3)ARで実現する事例
 ・ARでつくる全く新しい顧客接点
 ・ARを実現する手法
 ・ARスマートフォンアプリ            など

■交流会
 講義終了後、恒例の「交流会」を開催しました。梶塚氏と所司氏の豪華ゲスト2本立て、かつ年末の忘年会も兼ねていたためか、実際のビジネスにつながるような話で大いに盛り上がりました。また、所司氏から「夜の部を通じて、色々情報交換をさせて頂き、私にとっては有意義な時間を過ごさせて頂きました。」、梶塚氏から「貴重な機会をいただき、ありがとうございました。」と、うれしい言葉をいただきました(事務局談)。

■講師
(株)スプリューム 代表取締役 梶塚 千春 氏
1984年3月、東京大学工学部を卒業し、同年4月、株式会社トーヨーリンクスに入社。日本のCGの黎明期より、博覧会映像、CMなどの映像制作、CG制作ツールの企画などに携わる。1992年6月、株式会社ケー・エー・ジェー設立 代表取締役に就任。『驚異の小宇宙人体III 遺伝子』(1999年NHKスペシャル)などのデジタル・イメージを制作するかたわら、現在のスプリュームの技術の基礎部分を経済産業省の助成金ならびに補助金により開発(財団法人デジタルコンテンツ協会の助成金、補助金として)。2005年10月、株式会社スプリューム設立 代表取締役に就任。日本でも最初期から現在まで継続して仮想空間サービスの提供を続けている。

ナレッジワークス(株) 代表取締役 所司 里佳氏
大学卒業後、日本IBMでシステムエンジニアを経て、eビジネスのマーケティングを手がけ2001年に独立。同年4月にナレッジワークス株式会社を設立。
2004年よりサーチエンジンの販売とインテグレーションを手がけ、現在自社検索サービス「SCOPE」を核としたサーチアプリケーションの開発と運用に取り組む。ECサイトや情報系サイトのサイト内検索とナビゲーションで多数の実績を有する。先進的な導入実績に基づき、今後は企業内検索への提案・導入を計画中。他にRIAシステムの企画・開発にも注力。