トップ > NICTのイベント > 平成22年度 > 地域連携イベント > いしかわITビジネス塾(開催地... > 開催報告

WEB会議システム 〜 開催報告

日時 12月17日
場所 石川県地場産業振興センター内

アイコン概要

今回のテーマはビジュアルコミュニケーションです。

日本でのビジュアルコミュニケーション企業「ブイキューブ様」をお招きして、「ITビジネス塾」企業へ最新情報を紹介して頂きました。

 

1、講師 株式会社ブイキューブ 代表取締役社長 間下直晃様

略歴

2002年3月、慶応義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 修了。
企業のWEBサイト制作等を手がけていた大学在学中の1998年10月、有限会社ブイキューブインターネットを設立、同社CEOに就任。
2002年、学校法人慶應義塾とTLOを利用した資本提携を行い、翌年には、V-cube USA, Inc.を設立。その後ビジュアルコミュニケーションサービス『V-CUBE』を自社開発し、2006年4月、株式会社ブイキューブに社名を変更し、受託型ビジネスからサービス提供型ビジネスへ業態変更。
2009年11月、米国インテルとの資本業務提携を行い、同年12月にはマレーシアにV-cube Malaysia Sdn. Bhd.を設立し海外展開を加速。またWEB会議市場における国内シェア1位を3年連続で獲得している。

 

2、講演内容

ビュジアルコミュニケーションの効果

マーケットとは?

業界の伸びについて

業界シェアについて

2008年〜2010年までの受賞

共通すべき基本コンセプト「いつでもどこでもだれでも」

V−CUBEサービスラインナップ

V−CUBEミーティング「実際に東京本社とインターネット接続してデモする」

V−CUBEセミナー「10000拠点まで同時配信ができる」

V−CUBEセールス&サポート「自社のテレアポから進化」

V−CUBEビデオ「マルチデバイスへの入出力が可能」

テレビ会議はECO「co2削減、コスト削減をecoメータで表示します」

V−CUBEの強み

「欧米系のウェブ会議ではない日本発のアジアのフェイスツファイス文化に対応」

「自社開発するが、要素技術は世界から調達することで、スピーディ・技術の陳腐化・柔軟な価格を実現」

「マーケットの急拡大:不景気での出張費削減、豚インフルエンザ蔓延でのBCP対策」

 

3、デモンストレーション

講演の途中で東京本社と接続した「V−CUBEミーティング」では、分かりやすいインタフェイス・スムーズな動画画面・非常にクリアな音質など、さすがに日本一のシェアを確保している企業は、違うことを実感させられました。

 

4、交流会

恒例の「交流会」は駅前某所で開催しました。参加したITビジネス塾生は、講師のブイキューブ間下様と大いに盛り上がり、自社に入れたいと言い切る企業も出ておりました。間下様から「いろいろとアグレッシブに活躍されていらっしゃる方にご参加頂き、今後のビジネスでもご一緒できそうでとてもうれしいです」と、お褒めの言葉をいただきました。(事務局談)