トップ > NICTのイベント > 平成21年度 > 情報通信ベンチャー交流ネットワ... > 募集案内

情報通信ベンチャーフォーラム2010 〜 募集案内


情報通信研究機構では、情報通信ベンチャー支援の一環として、ベンチャー関係者同士が交流を深め、これからの企業経営・ビジネス展開に資するため、情報通信ベンチャー交流ネットワークの定期イベントとして「情報通信ベンチャーフォーラム 2010」を開催します。

本フォーラムは、「変革期こそ起て! 不況を乗り越え新事業創造」を基調テーマに、基調講演・講演を実施します。また、講演終了後は、情報交流会を開催します。

また会期当日は、講演プログラムをインターネット上でライブ中継いたします。

会期中、下記バナーをクリックすることでライブ中継がご覧頂けます。 

※回線が混み合っている場合など、画像が乱れる、ご覧頂けない等の問題が起こる可能性がございます。予めご了承下さい。

【2月25日(木) 14:00〜17:40 予定】 ライブ中継は、左記の時間を予定しております。

shuryo

アイコン日時

2010年2月25日(木)   秋葉原コンベンションホール (地図)

13:30〜

開場

14:00〜

開会挨拶

14:10〜

基調講演

   

15:10〜

講演 1

15:50〜

講演 2

16:30〜

講演 3

17:00〜

講演 4

   

17:50〜

情報交流会

申込〆切

アイコン主催

主催 : 独立行政法人情報通信研究機構

後援 : 総務省、日本商工会議所、東京商工会議所、一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会

アイコンプログラム

14:00 〜

14:10

【開会挨拶】

独立行政法人情報通信研究機構

14:10 〜

15:00

【基調講演】

「変革期におけるベンチャーへの期待 〜 うならせるICT」

森川 博之 (もりかわ ひろゆき) 氏

東京大学 先端科学技術研究センター

教授

1_morikawa_s

【講演概要】

ICTの進展に伴い、世界最先端のブロードバンドを自在に利用できる環境が整いつつある。これから考えなければならない一つの方向性は、この社会基盤の上で何を実現するかにある。ICTを使うことで、農業、医療、介護、都市、交通などの分野における新たな展開を考えることが可能である。本講演では、ICTが新たな展開をみせる中で、「データを集める」ことの重要性を示すとともに、うならせるICTへの強い期待を示す。あわせて、このような時代背景においてこそ、うならせるICT実現に向けてベンチャーが果たす役割が大きいことを示す。

【略歴】

1987年東京大学工学部電子工学科卒業.1992年同大学院博士課程修了。1997年〜1998年、コロンビア大学客員研究員。2002年〜2006年,情報通信研究機構モバイルネットワークグループリーダ兼務。現在、東京大学先端科学技術研究センター教授。専門はユビキタスネットワーク、モバイルコンピューティング、無線ネットワーク、フォトニックインターネット等。電子情報通信学会論文賞(2回)、情報処理学会論文賞、情報通信功績賞受賞、ドコモモバイルサイエンス賞ほか。総務省情報通信審議会、情報通信行政・郵政行政審議会専門委員、国土交通省交通審議会専門委員等。

15:10 〜

15:50

【講演】

「ラグビーで学んだ起業の仕方」

加藤 健太(かとう けんた)氏

株式会社ディバータ

代表取締役社長

katoh

【講演概要】

早稲田大学ラグビー部出身の一人のエンジニアが起業するに至った経緯とその時の準備・勝算、事業の進め方をお話しします。起業や事業運営は学生時代に在籍したラグビー部での経験に大きく影響を受けており、そのあたりも踏まえながらなぜ、CMSという商品を開発しているのか、これから何を目指していくのかなどもご説明いたします。

【略歴】

株式会社ディバータ 代表取締役社長。1976年ブラジル生まれ。2000年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。学生時代から現東証一部上場企業の立ち上げに参画するなどインターネットの世界に深く関わる。その後、大手人材系サイト運営会社で営業や新サイトの立ち上げを行う。OBとして早稲田大学ラグビー部の公式サイトの更新システムを構築していく中で,CMSの可能性に気づき独立。RCMSの開発を始める。RCMSはIPAの中小企業経営革新ベンチャー支援事業に採択されるなど最近,注目されているCMS。

15:50 〜

16:20

【講演】

携帯電話向けイメージング・テクノロジーで日本から世界へ

平賀  督基 (ひらが まさき) 氏

株式会社モルフォ

代表取締役社長

3_hiraga_s2

【講演概要】

株式会社モルフォは画像処理技術(イメージング・テクノロジー)の研究開発を行う東大発ベンチャー企業で、特に携帯電話向けの製品に強みを持っており、国内外の多くの端末に製品が採用されています。本講演では私が大学発ベンチャーとしてどのような想いを持ってモルフォを創業したか、また、ビジネスを軌道に乗せるまでの苦労や決断、今後テクノロジーベンチャーとして何を目指すのか、などについてお話しします。

【略歴】

株式会社モルフォ、代表取締役社長。1974年東京都生まれ。1997年に東京大学理学部情報科学科を卒業。2002年、東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻(博士課程) 修了。博士(理学)。在学時より画像処理や映像制作の技術開発に携わる。2004年5月、株式会社モルフォを設立。

16:30 〜

17:00

【講演】

「大企業の狭間で苦悩するベンチャー、でもそれを突き抜ける

池田 実 (いけだ みのる) 氏

ユーグリッド株式会社

代表取締役

blanc

【講演概要】

特別な背景を持たないベンチャーが企業向けのユニークなソフトウエア製品を生み出すに至った経緯。企業向けの製品ゆえの顧客や販売企業の壁の厚さなど、現実の経営課題をお伝えします。また、だからこそ沸きあがる闘争心を、今後どこに向けようとしているかをお話したいと思います。

【略歴】

1971年工学院大学 機械工学科卒
同年 某メーカ系ソフトウエア会社 入社
2001年 同社退社
同年 ビリングシステム入社
2003年 同社退社
同年 ブリジーナInc.入社
2004年 同社退社
2005年 Eugrid株式会社創設

17:00 〜

17:40

【講演】

「変革期の決断 〜ビジュアルコミュニケーションとの出会い〜」

間下 直晃 (ました なおあき) 氏

株式会社ブイキューブ

代表取締役社長

5_mashita_s

【講演概要】

ブイキューブのこれまでの歩みを振りかえり、ベンチャーとしてこれまでに直面した課題や困難、そしてどのように今に至ったのかをお話させて頂きます。

【略歴】

慶應義塾大学在学中の1998年10月16日に有限会社ブイキューブインターネット(現株式会社ブイキューブ)を設立、代表取締役社長に就任。2003年5月、アメリカロサンゼルスにV-cube USA, Inc.を設立するなどを経て現在に至る。

1998 有限会社ブイキューブインターネット設立 代表取締役社長
2001 株式会社ブイキューブに組織変更 代表取締役社長
2003 V-cube U.S.A., Inc設立 President& C.E.O
2004 株式会社ブイキューブブロードコミュニケーション設立 代表取締役社長
2006 株式会社ブイキューブと株式会社ブイキューブブロードコミュニケーションを合併。存続会社の代表取締役社長
株式会社フリップクリップ設立 社外取締役(〜 2007.9)

17:50 〜

18:40

【情報交流会】

講演プログラム終了後、引き続き会場内にて開催いたします。受講者の皆様、ベンチャー関係者の方々との情報交換の場として、ご参加ください

※ご講演者、講演内容等は都合により変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

アイコン定員

200名程度

アイコン参加要項

  • 対象

    情報通信分野のベンチャー企業の方、創業を目指している方、情報通信技術を活用してのビジネス展開を目指すベンチャー企業の方、及び、情報通信分野のベンチャー企業と係わりのある業務を行っている方。

 ※所定の人数に達したため、申込は締め切らせていただきました。

アイコン参加費用

無料

アイコン会場

秋葉原コンベンションホール

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル

■交通:

JR秋葉原駅 ・・・・・・・・・・・・ 徒歩1分
東京メトロ銀座線 末広町駅・・・・・ 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅・・・・ 徒歩4分
つくばエクスプレス 秋葉原駅・・・・ 徒歩3分

アイコンお問い合せ先

独立行政法人情報通信研究機構 情報通信振興部門 情報通信ベンチャー支援センター
event4@venture.nict.go.jp