トップ > NICTのイベント > 平成21年度 > 地域連携イベント(起業家経営塾) > 起業家経営塾in北九州 > 開催報告

起業機会とプロセス 〜 開催報告

開催報告 開催報告 開催報告
日時 11月12日(木)
13:30〜17:00
場所 北九州テレワークセンター A会議室

アイコン概要

独立行政法人情報通信研究機構では、総務省九州総合通信局、財団法人北九州産業学術推進機構と共催で、九州地域の情報通信ベンチャーの創業・経営への一層の支援を目指し、起業機会とプロセス、マーケティング、ファイナンスをテーマに全3回の講義内容で地域連携イベント「起業家経営塾in北九州」を開催しており、11月12日に第1回目を開催しました。

受講をご希望される方は、第2回目からの参加も可能ですのでこちらからお申込みください。

第1回「起業機会とプロセス」 11月12日(木)13:30〜17:00

主催者の総務省九州総合通信局(情報通信部情報通信連携推進課長 近澤 正志)の開催挨拶からはじまり、第1回のテーマである「起業プロセス」における最も重要な要素である「起業機会の説明やそのとらえ方」、「起業機会とアイディアとの関係」、「アイディアの発案技法」など、起業における基礎的な内容について受講者からの質問を適宜受付けながら細やかな講義が行われました。
講義の後半には、「美容器具」をテーマにアイディアを発案するグループ演習を実施、最後にグループ代表者から討議結果の発表が行われました。
講義終了後の情報交流会では、講師へ個別に質問する人や参加者同士での意見交換が積極的に行われ、大変有意義な情報交流の場となりました。

【講師】
九州大学大学院 ベンチャービジネスラボラトリー(VBL)
経済学府 産業マネジメント専攻(ビジネススクール) 准教授 五十嵐 伸吾 氏
筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻修了(MBA)。三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入社後、同行が設立したハイテク系スタートアップ企業を支援する財団法人三和ベンチャー育成基金に出向。以後、スタートアップ企業の発掘・審査・成長支援の実務に従事。2005年3月、同行退社。九州大学に奉職(大学院工学研究院ベンチャービジネスラボラトリー准教授、同経済学府産業マネジメント専攻(ビジネススクール)准教授)。NEDO審査委員(「大学発事業創出実用化研究開発事業」等)、東京電機大学客員教授等を歴任。

spacer

 

北九州1回講師_五十嵐氏

 

本セミナーは平成21年11月19日(第2回)、11月25日(第3回)を開催します。受講をご希望される方は、
途中参加も可能ですのでこちらからお申込みください。

参加者の声

本セミナーに参加された方からは高い評価をいただくことができました。また、セミナーに関するご要望やご意見なども多く寄せられました。今後のセミナー実施の参考にさせて頂きます。

  • 起業機会の重要性は理解できた。起業機会を見つける「知恵」を身に付ける方法を教授願いたい。
  • 「経営塾」的な勉強会はあまり経験がなく良い勉強になった。
  • 非常にエッセンスを集めての講義で、紹介されたものに自分でも当たってみようと興味を引かれた。
    後半にはワークもあり集中度が保てる工夫も助かった。
  • グループワークで質を上げるのは楽しい。