トップ > NICTのイベント > 平成21年度 > 地域連携イベント(起業家経営塾) > 起業家経営塾in福井 > 開催報告

事業計画の実践 〜 開催報告

開催報告 開催報告 開催報告
日時 10月8日(木)
13:00〜17:00
場所 福井大学 産学官連携本部 3階研修室

アイコン概要

独立行政法人情報通信研究機構では、総務省北陸総合通信局、福井大学、北陸テレコム懇談会と共催で、北陸地域の情報通信ベンチャーの創業・経営への一層の支援を目指し、事業計画の立案、事業計画書の作成、事業計画の実践をテーマに全3回の講義内容で地域連携イベント「起業家経営塾in福井」を開催しており、10月8日に最終回(第3回)を開催しました。

※第2回の開催報告はこちらからご覧ください。

第3回「事業計画の実践」 10月8日(木)13:00〜17:00

前回までに事業計画を立案する上での基礎知識として、ビジネスモデル、マーケティングについて詳細に解説し、事業計画を作成する上でのノウハウとして、事業計画書の要点、内容の構成、評価の視点を示してきました。最終回では、事業計画を実践する上での要点として、財務と資金調達、会社運営について講義が行われました。
会社規模に応じた組織構成や人事管理のあり方、現状掌握を必須とする経理事務、そのほか総務、就業時間、会議、営業訪問からビジネスマナーに関することまで、会社運営の注意点を幅広く解説しました。損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フローなどに関する計算方法の基本や経営責任者として先見性・長期的視点・指導力・育成力・責任感・実行力・柔軟性を備えるべきであるなど、望ましい経営者像について多岐にわたり助言、そして激励を講師から頂きました。
前回と同じく、講義休憩の合間に行われた情報交流会では、参加者相互に情報交換や現況説明が行われ、自己事業の構想についてアドバイスを求める会話が受講者から講師に寄せられ、参加者同士での意見交換が積極的に行われました。
最後に、主催者の総務省北陸総合通信局(電気通信事業課 中根真一)から、本セミナーの参加をきっかけに、実際に起業され、あるいは事業拡大されることを期待し、今後も参加者からのご報告を頂きたいと述べました。

是非、参加された皆様からのご連絡をお待ちしております。

<連絡先>

総務省北陸総合通信局 電気通信事業課

hokuriku-jigyo_seisaku@soumu.go.jp

<講義ポイント>
事業計画の実践で大切なことは、財務の健全性と資金の確保、個人能力と組織力、発展段階に適した運営を行うことです。売上が順調に伸びている時に、売掛金や在庫が増えていないか、設備投資に無理はないか、冷静に分析することも大切になります。

【講師】
西村 一則 氏(サクセスリサーチ株式会社 代表取締役)
福井県は繊維産業の歴史と広がりがあり、創意工夫やものづくりに長けています。セミナーには、福井大学のベンチャー企業、マスコミや運輸関係の企業(新規事業企画担当者)、起業予定の個人が参加され、実践的で具体的な質問が多くなされました。大学発ベンチャーでは創造的な製品を実現されているので、今後はマーケティングが大切であると思います。大企業の新規事業企画のおいては、新しいアイデアとビジネスモデルの検討を創造的に行うことが肝要であると思います。社会的に価値ある事業が創出されることを祈念しています。

spacer

 

 

福井1回講師

参加者の声

本セミナーに参加された方からは高い評価をいただくことができました。また、セミナーに関するご要望やご意見なども多く寄せられました。今後のセミナー実施の参考にさせて頂きます。

  • 成功事例の良い話よりは、むしろ注意点、リスクマネジメントを中心に講義をいただき、それが明日の業務からすぐに生かせることができる。参加してよかった。
  • 「収益や成長ばかりに気をとられず、社会・市民に貢献する経営理念も持つべき。」と講義を受け、その重要性を再認識した。
  • 私のように50歳代後半以上は時間に余裕がある人が多く、インターネットを活用して利益を第一とせずに何か社会に貢献したい人が意外と多いと思っている。今回の参加で、これまでの構想が前進しそうです。