トップ > NICTのイベント > 平成21年度 > 地域連携イベント(起業家経営塾) > 起業家経営塾in福井 > 開催報告

事業計画の作成 〜 開催報告

開催報告 開催報告 開催報告
日時 9月24日(木)
13:00〜17:00
場所 福井大学 産学官連携本部 3階研修室

アイコン概要

独立行政法人情報通信研究機構では、総務省北陸総合通信局、福井大学、北陸テレコム懇談会と共催で、北陸地域の情報通信ベンチャーの創業・経営への一層の支援を目指し、事業計画の立案、事業計画書の作成、事業計画の実践をテーマに全3回の講義内容で地域連携イベント「起業家経営塾in福井」を開催しており、9月24日に第2回目を開催しました。

受講をご希望される方は、第3回目からの参加も可能ですのでこちらからお申込みください。

第2回「事業計画の作成」 9月24日(木)13:00〜17:00

事業計画を作成する上でのノウハウとして、事業計画書の要点、内容の構成、評価の視点を中心に講義が行われました。
事業計画書は、読む人が「納得」するもの(「理解」では弱い。頭でわかるだけではなく、納得、つまり腹におちるもの)とし、商品の説明は「顧客の視点」で一目でわかるように、自分が戦う市場の現状、規模を熟知して作成する。といった具体的なポイントを解説しました。
また、市場の将来性も分析し見通しを立てておき、損益分岐点の考え方について、いろいろなパターンを例示した表を使った講義が行われました。
講義休憩の合間に行われた情報交流会では、参加者相互に情報交換や現況説明が行われ、自己事業の構想についてアドバイスを求める会話が受講者から講師に寄せられ、参加者同士での意見交換が積極的に行われました。
最後に、主催者から本セミナーで配布したワークシートの様式を次回までに作成することで、講師からチェックを受けることもでき有意義である旨を参加者へ説明しました。

<講義ポイント>
事業計画の作成で大切なことは、計画を具体化し、事業の魅力度や実現可能性について検討することです。数字と時間軸による詳細化、目標と達成時期の明確化、事前評価・事後評価が必要になります。競争力があるか、人材・資金・設備・技術を確保できるか、販売計画・生産計画・設備計画・資金計画などに整合性があるかを確認してみましょう。

【講師】
西村 一則 氏(サクセスリサーチ株式会社 代表取締役)
茨城大学理学部数学科卒業。理学修士。システム監査技術者。電子部品メーカー、シンクタンク、ベンチャーキャピタルを経て独立し、サクセスリサーチ株式会社を設立。IT、調査、コンサルティングの豊富な知識と経験、ベンチャー支援や産学連携推進のノウハウと実績を有する。

spacer

 

 

福井1回講師

※前回の開催報告はこちらからご覧ください。

参加者の声

本セミナーに参加された方からは高い評価をいただくことができました。また、セミナーに関するご要望やご意見なども多く寄せられました。今後のセミナー実施の参考にさせて頂きます。

  • 講義の途中、講師と対話形式による進行となり、また、質問もしやすく非常に心に残りました。