トップ > NICTのイベント > 平成21年度 > NICT起業家経営塾 > ICTセミナー > 募集案内

第2回ICTセミナー「ICTビジネス動向」 〜 募集案内


情報通信研究機構では、情報通信分野におけるベンチャー企業経営者及び今後起業をめざす方などを対象に「NICT起業家経営塾」を開催しております。この度、情報通信ベンチャーの創業・経営への一層の支援を目的に、NICT起業家経営塾2009「第2回ICTセミナー」を開催いたします。

アイコン日時

平成22年1月14日(木)午後6時30分 〜 午後9時00分(開場 午後6時15分)
講義終了後、情報交流会を予定しております。

申込〆切

アイコン主催

独立行政法人情報通信研究機構 情報通信振興部門 情報通信ベンチャー支援センター

アイコンプログラム

本講義では、近年注目を集めているICTビジネス事例等を紹介しつつ、ICTベンチャー企業の成長に必要な事柄を学びます。

■講義概要

 下記のような観点から、ご講演いただきます。
 (1)ベンチャー企業を取り巻く最新の状況(日本と米国との差異)
 (2)国内外のベンチャー成功例の紹介
 (3)今後あるべき日本のベンチャー企業の姿、方向性

*講義内容は、進行状況により若干変更する場合がございます。

■講師から受講を考えている方へのメッセージ

ベンチャー企業を経営されている方はご自分の会社の"設立趣意書"を、これから計画されている方は"事業計画書"を準備頂ければと思います。

■講師
株式会社インテカー
 代表取締役社長
  齋藤 ウィリアム 氏

 1971年生まれ。19歳で米カリフォルニア大学リバーサイド分校を卒業後、翌年にI/O Software, Inc.を設立。CEOとして就任し、ウィンドウズ95用の動画圧縮技術、ビデオ会議システムを開発。続いてソニーと共同で指紋認証システムを開発、ソニーのCSO(最高セキュリティ責任者)を務める。その間、米国アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを初のアジア人として受賞、米国防総省セキュリティ・アドバイザー(現任)や米カリフォルニア大学教授就任。その後も、元ニューヨーク市長でもあるジュリアーニ氏との株式会社ジュリアーニ・セキュリティ&セーフティ・アジアの代表取締役会長兼CEOに就任するなど活躍の場を精力的に広げる。現在、若手アントレプレナー育成にも力を注いでおり、独立行政法人産業技術総合研究所・ベンチャー開発センターのスタートアップアドバイザーとしても活躍中。

【著書】

・Strategic News Service (SNS), Spring/Fall 2008, William Saito columns on Asia and Japan
・ASCII (Japanese) & Nikkei Electronics TechOn, Spring 2008, Venture companies who visited Silicon Valley as part of the IPA Mito Program
・"Dr. William's 'I can't ask now!'" Column, Yomiuri PC (Japanese), January, 2006 to 2008, William Saito monthly column on current security topics to readers of Japan's largest PC magazine publication with readership of over 40,000.
  他著書多数

アイコン定員

50名

アイコン参加要項

対 象: 情報通信分野のベンチャー企業の方及び同分野で創業を目指している方、情報通信技術を活用してのビジネス展開を目指すベンチャー企業の方

締切: 平成22年1月12日(火)

※50名程度までご参加を受付けます。参加希望者が定員に達した時点で募集を締め切らせていただく場合がございますのでお早めにお申込みください。

参加いただける方には「参加承諾メール」をお送りしています。当日は、この「参加承諾メール」を印刷したものをご持参ください。また、当日は名刺をご準備下さい。

アイコン参加費用

無料

アイコン会場

みずほ情報総研株式会社 大会議室
東京都千代田区神田錦町2-3 安田シーケンスビル2階
・新御茶ノ水駅、小川町駅、淡路町駅から徒歩5分
・神田駅から徒歩約10分
・神保町駅から徒歩約5分
・竹橋駅から徒歩約5分
・大手町駅(C2出口)から徒歩9分

アイコンお問い合せ先

独立行政法人情報通信研究機構 情報通信振興部門
情報通信ベンチャー支援センター事務局
E-Mail:event7@venture.nict.go.jp