トップ > NICTのイベント > 平成20年度 > NICT起業家経営塾 > 起業・経営セミナー >  

第1回起業・経営セミナー「起業経験談」 〜  

 
日時 8月21日(木)
19:00〜21:30
場所 みずほ情報総研株式会社 大会議室

アイコン概要

■開催報告
既にICTベンチャー企業を起業し、成功を収めているベンチャー企業経営者である株式会社もしもの代表取締役 実藤裕史氏 を講師として招き、2008年8月21日(木)にNICT起業家経営塾2008 第1回起業・経営セミナーを開催しました。

■講師

株式会社もしも 代表取締役 実藤裕史 氏

02_xxsmallCIMG0333

【プロフィール】
1979年生まれ。一橋大学商学部在学中の2000年よりECベンチャー「オイシックス」でのインターンに従事。その経験をもとに、自らブランド品のネットショップを立ち上げ、月間2000万円の売上高を達成。ECに大きな可能性を見出し、2004年に有限会社ウェブデパを設立。代表取締役社長に就任。2006年6月、社名を株式会社もしもに変更し、ドロップシッピングという個人の力を活かした新しいEC市場におけるイニシアチブの確立を目指す。
【著書】
「もしも落ちこぼれが社長になったら」ダイヤモンド社・2008年5月出版

■講義概要
本年度第1回目の起業・経営セミナーとして、「起業体験談」をテーマにした講義を開催しました。講師として、株式会社もしもの代表取締役 実藤裕史氏 をお招きし、株式会社もしもを立ち上げるまでの経緯、もしものビジネスの紹介などについて、ご説明・ご紹介いただきました。また、講義においては、「企業家に必要な資質は何か?」、「ドロップシッピングの新ビジネスとは?」という課題をもとにしたワークショップが実施され、受講者間での活発な議論、受講者と講師との活発な意見交換などがなされました。ICTベンチャー企業を起業し、成功を収めているベンチャー企業経営者である実藤裕史氏と直に意見交換ができる場であったこともあり、多くの受講者にとって非常に有意義なセミナーとなりました。

■カリキュラム

 1.もしもができるまで
 2.ワークショップ1
 3.もしものご紹介
 4.ワークショップ2

07_xxsmallCIMG0338

 

04_xxsmallCIMG0351

アイコン交流会

■情報交流会
講義終了後、講師および受講者の間での情報交換のために、情報交流会を開催しました。講師の実藤氏はもとより、受講者の間で活発な情報交換、および名刺交換などが行われました。