トップ > NICTのイベント > 平成20年度 > NICT起業家経営塾 > ICTセミナー >  

第3回ICTセミナー「知財・特許戦略」 〜  


情報通信研究機構では、情報通信分野におけるベンチャー企業経営者及び今後起業をめざす方などを対象に「起業家経営塾」を開催しております。この度、情報通信ベンチャーの創業・経営への一層の支援を目的に、NICT起業家経営塾2008「第3回ICTセミナー」を開催いたします。

アイコン日時

平成20年12月15日(月)午後7時 〜 午後9時30分(開場 午後6時30分)
講義終了後、情報交流会を予定しております。

申込〆切

アイコン主催

独立行政法人情報通信研究機構 情報通信振興部門 情報通信ベンチャー支援センター

アイコンプログラム

本講義では、ベンチャー企業経営の中核となる技術やアイディアなどを、どのように保護し、有効活用していくかについて、具体的な事例を踏まえつつ、その戦略的な取り組み方法を学びます。

■講義概要

1.ICT企業の知財戦略(総論)
 1) 知財戦略とは
 2)ICT企業に必要な知的財産に関する知識
  (1)特許権
  (2)著作権
  (3)商標権
  (4)肖像権・パブリシティ権等
  (5)不正競争防止法
  (6)独占禁止法
  (7)契約
2.ICT企業における知財戦略(各論)
  (1)コア技術の定義
  (2)事業モデルの定義
  (3)技術の保護戦略
  (4)事業化の方向性と知財戦略

(講義終了後、情報交流の時間を予定しております)
*講義内容は、進行状況により若干変更する場合がございます。

■講師
IPトレーディング・ジャパン株式会社
取締役知財戦略支援部長兼人材開発管理部長 清松 久典 氏

1963年生まれ。1987年千葉大学法経学部法学科卒業後、司法書士事務所、一般企業総務部、財務部、営業企画部、法務部、知的財産部等を経て、2002年アルプス電気入社。法務部契約・渉外グループマネージャ、法務部古川駐在員事務所長。2006年、IPトレーディング・ジャパン取締役 知財戦略支援部長兼人材開発・管理部長。

【著書】
・「事業再編における信託活用の実務」(共著 2008年中央経済社)
・「オープンイノベーションと知財流通」(「テクノロジーマネジメント」No.2 2008.8フュージョンアンドイノベーション)
・「休眠特許の社外活用の実務」(「研究開発リーダー」2008年10月号 技術情報協会)

アイコン定員

アイコン参加要項

対 象: 情報通信分野のベンチャー企業の方及び同分野で創業を目指している方、情報通信技術を活用してのビジネス展開を目指すベンチャー企業の方
定 員: 50名

申込フォームより必要事項をご記入の上、お申込みください。
締切: 平成20年12月12日(金)

※50名程度までご参加を受付けます。参加希望者が定員に達した時点で募集を締め切らせていただく場合がございますのでお早めにお申込みください。

参加いただける方には「参加承諾メール」をお送りしています。当日は、この「参加承諾メール」を印刷したものをご持参ください。また、当日は名刺をご準備下さい。

アイコン参加費用

無料

アイコン会場

みずほ情報総研株式会社 大会議室
東京都千代田区神田錦町2-3 安田シーケンスビル2階

・新御茶ノ水駅、小川町駅、淡路町駅から徒歩5分
・神田駅から徒歩約10分
・神保町駅から徒歩約5分
・竹橋駅から徒歩約5分
・大手町駅(C2出口)から徒歩9分

アイコンお問い合せ先

独立行政法人情報通信研究機構 情報通信振興部門
情報通信ベンチャー支援センター事務局
E-Mail:event7@venture.nict.go.jp